特定健康診査・特定保健指導について

特定健康診査について

特定健康診査(以下特定健診)はメタボリックシンドロームをはじめ生活習慣病をより早い段階で発見し、予防・改善するためのものです。毎年必ず受診しましょう。

対象となる人

40歳以上75歳未満(誕生日当日で数えます)の組合員(任意継続組合員含む)及び被扶養者

健診項目

必須の健診項目
質問(問診) 生活習慣の傾向や 服薬の有無などを調べるために、質問票を使って医師や看護師が面接を行います。
身体測定 肥満度を算出するために、身長、体重を測定したり、内臓脂肪の蓄積の程度を調べるために腹囲を測ります。
理学的検査 身体診察のために、医師が胸部聴診や腹部触診などを行います。
血圧測定 心臓や脳血管疾患の重大な危険因子となる高血圧症を調べるために、血圧を測定します。
脂質検査 糖尿病や脂質異常症を見つけるために、血清中に含まれる中性脂肪の量やHDLとLDLコレステロール量を測定します。
血糖検査 糖尿病を見つけるために、空腹時(食後10時間以上)の血中ブドウ糖量または、糖と結合したヘモグロビンの血中濃度(HbA1c)を測定します。
肝機能検査 肝炎などの肝障害を見つけるために、血清中に含まれる酵素のGOT、GPT、Γ-GTP量を測定します。
尿検査 糖尿病や腎障害を見つけるために、尿中のブドウ糖やタンパクの量を測定します。
詳細な健診項目(医師の判断により実施されます)
心電図検査 心臓の電気信号から心機能の異常(不整脈)を検査します。
眼底検査 眼球の網膜を調べて動脈硬化の程度などを判定します。
貧血検査
(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
血液中に含まれる赤血球やヘモグロビンを調べて貧血などをチェックします。
血清クレアチニン検査 血液中のクレアチニンを測り、腎機能の異常やCKD(慢性腎臓病)の危険度をチェックします。

特定健康診査受診券(セット券)使用方法について

特定健康診査受診券(セット券)とは

  • 組合員は、定期健康診断として巡回健診または人間ドックで受診していただきますので、「特定健康診査受診券(セット券)」は発行しません。
  • 被扶養者は、4月1日現在、共済組合に認定されている対象者の「特定健康診査受診券(セット券)」を作成し、4月下旬頃、各所属所を通じて組合員に配付します。
  • 任意継続組合員及び任意継続組合員被扶養者には、4月1日現在、共済組合に登録されている対象者の自宅あてに、4月下旬頃に送付します。
  • 令和3年度の特定健康診査受診券の有効期間は令和3年5月1日から令和3年12月31日までですので、有効期間内に受診してください。

特定健康診査受診券(セット券)使用方法

  1. 任意継続組合員は巡回健診、人間ドック、国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関で受診していただくことになります。
    巡回健診で受診する場合には「特定健康診査受診券(セット券)」は不要となりますので、所属所事務担当者に返却してください。
    なお、国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関または人間ドックで特定健康診査を受診される場合は、「特定健康診査受診券(セット券)」が必要となりますので、受診時に国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関に提出してください。
  2. 被扶養者及び任意継続組合員被扶養者は巡回健診実施会場、人間ドック、国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関で受診していただくことになります。特定健康診査を受診される場合は、「特定健康診査受診券(セット券)」が必要となりますので、受診時に巡回健診実施会場、国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関に提出してください。

その他注意事項

  1. 京都府内の国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関で特定健康診査を受診する場合には自己負担はありませんが、京都府外の国民健康保険(集団健診)実施会場、医療機関で特定健康診査を受診する場合には自己負担が発生することがあります。
  2. 年度内に特定健康診査と巡回健診または人間ドックを重複して受診することはできません。

特定保健指導について

特定保健指導は特定健診でメタボリックシンドロームのリスクが現れはじめた、または高くなってきたと判定された人に生活習慣を改善してもらうためのプログラムです。

組合員は、定期健康診断結果に基づき所属所が行う保健指導と併せて実施を予定しているほか、国民健康保険や人間ドック受診医療機関などで受けることができます。被扶養者は国民健康保険や人間ドック受診医療機関などで実施を予定しています。

一部の特定健康診査実施会場では、当日の検査結果に基づき特定健康診査を受診した日に特定保健指導を受けることができます。

階層に応じた特定保健指導

健診結果データや質問票の内容をもとに動機付け支援・積極的支援に階層化されます。

健診結果
血糖 空腹時血糖100mg/dl以上、またはHbA1c(NGSP)の場合5.6%以上
脂質 中性脂肪150mg/dl以上、またはHDLコレステロール40mg/dl未満
血圧 収縮期血圧130mmHg以上、または拡張期血圧85mmHg以上
質問票 喫煙歴ありの人(血糖・脂質・血圧のうち当てはまる項目が1つ以上の場合にのみカウントします)
動機付け支援・積極的支援の階層化(内臓脂肪の蓄積状態を確認します)
腹囲 追加リスク 対象
1.血糖
2.脂質
3.血圧
4.喫煙歴 40~64歳 65歳~74歳
男性85cm以上
女性90cm以上
2つ以上該当 - 積極的支援 動機付け支援
1つ該当 あり
なし
上記以外でBMIが25以上
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
3つ該当 - 積極的支援 動機付け支援
2つ該当 あり
なし
1つ該当 -
喫煙歴の斜線欄は階層化の判定が喫煙歴の有無に関係ないことを意味しています。
服薬中の人は特定保健指導の対象にはなりません。
65歳以上の者は、積極的支援の対象となった場合でも動機付け支援となります。

動機付け支援

専門家が原則1回の動機付け支援を行います。

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作り、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が原則1回の動機付け支援を行います。3か月以上経過後、計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

<例:個別支援、グループ支援など>

積極的支援

専門家が3か月以上の継続的な支援を行います。

医師、保健師、管理栄養士らの指導のもとに行動計画を作り、生活習慣改善に取り組めるように、専門家が3か月以上の定期的・継続的な働きかけを行います。継続的な支援の終了後、計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

<例:個別支援、グループ支援、電話、Eメール、文書など>

特定健康診査等実施計画

特定健康診査等の目標実施率や、目標実施者数等の計画を定めています。

実施計画につきましては、こちらをご覧ください。

データヘルス計画(第2期)

短期給付財政の更なる安定化と組合員等の健康保持増進のため、平成30年度~平成35年度までの「データヘルス計画(第2期)」を定めています。

計画内容につきましては、こちらをご覧ください。

PageTop

PageTop

メニュー

メニュー