巡回健診(特定健康診査を含む定期健康診断を同時実施)について

生活習慣病を予防し、体の異常を早期に発見するために、共済組合が委託契約した検診機関が各市町村を巡回し、75歳未満の組合員を対象に次のような検診を行っています。費用は共済組合及び所属所が負担します。

なお、巡回健診や人間ドック、各種検診の結果については、健康の保持・増進、疾病予防、重症化予防に役立てるため、共済組合に提出いただき、管理・分析することとしていますので、ご承知ください。

同じ年度内に人間ドックを受ける人は、巡回健診を受診できません。
妊娠中の人または妊娠の可能性がある人は、胸部X線と胃部検査を避けてください。
年齢はすべて年度末年齢です。

検査の対象者、種類と項目

全員 健康健診
  1. 内科検診(問診、身体診察、身体計測(身長・体重・腹囲・BMI・視力)、血圧測定)
  2. 聴力検査
  3. 尿検査
  4. 心電図検査
  5. 眼底検査(片眼)
  6. 血液検査(脂質系、腎機能、糖尿病、肝機能、血液一般、尿酸、膵臓の各検査)
  7. 胸部検査(問診・胸部X線直接撮影)
BMIは特定健康診査項目のため、75歳未満(年度末時点)の組合員が対象となります。
40歳以上、及び40歳
未満の希望者
胃部検査
問診、胃部X線直接撮影(15方向)
40歳以上、及び40歳
未満の希望者
大腸検査
問診、免疫便潜血反応検査(2回法)
40歳以上 腹部超音波検査
問診、腹部超音波撮影
新規資格取得組合員
前年度新規資格取得組合員で、未受診者含む。
肝炎検査
  1. B型肝炎検査(血液検査…HBS抗原検査)
  2. C型肝炎検査(血液検査…HCV抗体検査)
40歳以上。各年度、山城・丹波・丹後地区の
うち1地区実施
眼圧検査
令和3年度は山城地区実施
50歳以上の男性、及び40歳以上50歳未満の希望する男性 前立腺検査
前立腺血液検査(PSA)

PageTop

PageTop

メニュー

メニュー