短期給付
短期給付の種類
給付金を請求するとき
病気やケガをしたときの給付
出産したときの給付
死亡したときの給付
勤務を休んだときの給付
災害にあったときの給付
退職後の給付
退職後の医療
後期高齢者医療制度のしくみ
介護保険制度のしくみ

こんなとき、こんな手続き
就職したとき
結婚・出産・育児
病気・けがのとき
子どもの入学進学・就職・結婚
組合員・家族が亡くなったとき
住所・口座の変更
家・車などの購入
重度心身障害者・ひとり親家庭
組合員証等の紛失
退職したとき
宿泊・保養施設を利用するとき

京都共済サービス

よくある質問Q&A

らくらく健康方式

カンタン!おいしい!太りにくい夜遅ごはん

各種請求用紙一覧

短期給付

退職後の給付

一定の要件に該当する組合員が退職によって組合員の資格を喪失した場合でも次のような給付を受けることができます。

ただし、他の共済組合の組合員や健康保険などの被保険者になったときは、その日以後の給付は受けられません。

傷病手当金又は出産手当金の支給を受けている場合

退職のときまで引き続き1年以上組合員であった者が、退職するときに傷病手当金又は出産手当金の支給を受けている場合は、 その者が退職しなかったとしたならば支給されるはずの所定の支給期間が終わるまで、継続して傷病手当金又は出産手当金が支給されます。(退職まで報酬が手当金の額以上支給されていたため、傷病手当金が支給されていなかった場合も支給を受けていたものとみなします。)

ただし、障害厚生年金、障害手当金又は老齢厚生年金等が支給される場合、傷病手当金はその年金等の額を上回る差額が支給されます。

(注) 所定の支給期間内に他の共済組合の組合員や健康保険の被保険者になったときは、その日以後は支給されません。

退職後に出産したとき(出産費)

退職のときまで引き続き1年以上組合員であった者が、退職後6か月以内に出産したときは、出産費が支給されます。 退職後6か月以内に出産予定である場合は、資格喪失時に申し出てください。

(注) 退職後6か月以内でも、退職後出産するまでの間に他の共済組合の組合員又は健康保険の被保険者になったときは、支給されません。

退職後に死亡したとき(埋葬料)

組合員であった者が、退職後3か月以内に死亡したときは、埋葬料が支給されます。 ただし、埋葬料附加金は支給されません。

(注) 退職後3か月以内でも、退職後死亡するまでの間に他の共済組合の組合員や健康保険などの被保険者になったときは、 支給されません。

↑このページのトップへ

| 当組合のご案内個人情報保護方針関連リンクサイトマップ |

(c) Copyright 2005 京都府市町村職員共済組合 All Rights Reserved.