短期給付
短期給付の種類
給付金を請求するとき
病気やケガをしたときの給付
出産したときの給付
死亡したときの給付
勤務を休んだときの給付
災害にあったときの給付
退職後の給付
退職後の医療
後期高齢者医療制度のしくみ
介護保険制度のしくみ

こんなとき、こんな手続き
就職したとき
結婚・出産・育児
病気・けがのとき
子どもの入学進学・就職・結婚
組合員・家族が亡くなったとき
住所・口座の変更
家・車などの購入
重度心身障害者・ひとり親家庭
組合員証等の紛失
退職したとき
宿泊・保養施設を利用するとき

京都共済サービス

よくある質問Q&A

らくらく健康方式

カンタン!おいしい!太りにくい夜遅ごはん

各種請求用紙一覧

短期給付

災害にあったときの給付

組合員やその被扶養者が、水震火災その他の非常災害により、死亡したり、 住居などに損害を受けたときは、災害給付として「弔慰金」、「家族弔慰金」又は「災害見舞金」が支給されます。

非常災害で死亡したとき(弔慰金・家族弔慰金)

組合員又はその被扶養者が水震火災その他の非常災害により死亡したときは、弔慰金又は家族弔慰金が支給されます。

組合員弔慰金 標準報酬月額
被扶養者家族弔慰金 標準報酬月額×70/100
(注) (1) 非常災害とは、洪水、津波などの水害、火災、崖崩れ、 台風などの主として自然現象による天災をいいますが、その他の予測し難い事故、例えば列車の脱線事故なども含まれます。
(2) 弔慰金(家族弔慰金)が支給される場合でも、埋葬料及び埋葬料附加金(家族埋葬料及び家族埋葬料附加金)は支給されます。

非常災害で住居や家財に損害を受けたとき(災害見舞金)

組合員が水震火災その他の非常災害(盗難は除きます)によって住居や家財に損害を受けたときは、 その損害の程度に応じて災害見舞金が支給されます。

損害の程度支給額
  1. 住居及び家財の全部が焼失し、又は滅失したとき
  2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき
標準報酬月額の3か月分
  1. 住居及び家財の2分の1以上が焼失し、又は滅失したとき
  2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき
  3. 住居又は家財の全部が焼失し、又は滅失したとき
  4. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
標準報酬月額の2か月分
  1. 住居及び家財の3分の1以上が焼失し、又は滅失したとき
  2. 住居及び家財に前号と同程度の損害を受けたとき
  3. 住居又は家財の2分の1以上が焼失し、又は滅失したとき
  4. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
標準報酬月額の1か月分
  1. 住居又は家財の3分の1以上が焼失し、又は滅失したとき
  2. 住居又は家財に前号と同程度の損害を受けたとき
標準報酬月額の0.5か月分
  • 浸水によって平屋建ての家屋(家財を含む)が損害を受け、その認定が困難なとき
床上120cm以上 標準報酬月額の1か月分
床上30cm以上標準報酬月額の0.5か月分
(注) (1) 災害見舞金の額は、住居、家財のそれぞれにつき別々に算定し合算されますが、標準報酬月額の3か月分が限度です。
(2) 同一世帯に2人以上の組合員がいる場合は、各組合員それぞれに支給されます。
(3) 住居とは…… 自宅、借家、借間、公営住宅など組合員が現に住んでいる建物です。納屋や物置は住居に含まれません。
家財とは…… 住居以外で、家具、調度品、寝具、衣服など毎日の生活に必要な財産です(不動産、現金、預貯金、有価証券などは除きます)。
(4) 浸水による損害は、平屋建ての家屋にのみ適用されます。
  (5) 盗難による損害には適用されません。
  (6) 別居の被扶養者がいる場合、組合員の住居及び家財、別居の被扶養者の住居及び家財をあわせて算定します。

↑このページのトップへ

| 当組合のご案内個人情報保護方針関連リンクサイトマップ |

(c) Copyright 2005 京都府市町村職員共済組合 All Rights Reserved.