共済組合のしくみ
共済組合のあらまし
組合員
被扶養者
組合員証等
掛金と負担金

こんなとき、こんな手続き
就職したとき
結婚・出産・育児
病気・けがのとき
子どもの入学進学・就職・結婚
組合員・家族が亡くなったとき
住所・口座の変更
家・車などの購入
重度心身障害者・ひとり親家庭
組合員証等の紛失
退職したとき
宿泊・保養施設を利用するとき

京都共済サービス

よくある質問Q&A

らくらく健康方式

カンタン!おいしい!太りにくい夜遅ごはん

各種請求用紙一覧

共済組合のしくみ

組合員証等

組合員証等

新しく組合員になると届出により「組合員証」が交付されます。

また、被扶養者には「組合員被扶養者証」が交付されます。

組合員証及び組合員被扶養者証(以下、組合員証等)は、組合員の資格を証明するもので、病気やケガなどで医療機関等で診療を受けるときなどに必要なものですから、大切に保管してください。

折ったり、汚したりしないように 記載事項を勝手に訂正しないように
他人には決して貸さないように 病院に預けたままにしないように

組合員被扶養者証

組合員の三親等内の家族などに、被扶養者としての一定の条件を満たす者がいるときは、組合員の申請により組合員証と同じ働きをする「組合員被扶養者証」が交付されます。

高齢受給者証

70歳から74歳までの組合員及び被扶養者(65歳以上75歳未満で一定の障害状態にあり後期高齢者医療制度の被保険者である者を除きます)は、高齢受給者として「高齢受給者証」が交付されます。

限度額適用認定証

70歳未満の組合員及び被扶養者(後期高齢者医療制度対象者を除く。)の窓口負担額が高額になる場合、共済組合に交付申請すると限度額適用認定証が交付されます。

紛失したとき等の届出

組合員証等に記載されている事項に変更が生じたり、汚損や紛失したとき等は、速やかに共済組合に届け出てください。

事由手続
組合員証等を紛失したり、汚損したとき(注) 組合員証等再交付申請書に組合員証等を添付して申請
組合員及び被扶養者の氏名・住所に変更があったとき 組合員証等再交付申請書に組合員証等を添付して申請
被扶養配偶者の住所を変更する場合には、国民年金第3号被保険者住所変更届を一緒に提出してください。
出生・結婚などで、被扶養者として認定するとき 被扶養者申告書にその事実を確認できる書類等を添付して申告
死亡・就職などで被扶養者から取消しするとき 被扶養者申告書にその事実を確認できる書類及び組合員被扶養者証等を添付して申告
組合員の資格を失ったとき 組合員異動(資格喪失)報告書に組合員証等を添付して返納
(注) 組合員証等の紛失や盗難の場合には、必ず警察署への届出もしてください。
なお、組合員証はクレジットカードのように効力を止めることはできませんので、万が一悪用された場合は、自己責任で対応いただくことになります。

住所欄について

新たに組合員証等の交付を受けたときは、必ず組合員証等の裏面の住所欄に、ボールペン等で自書してください。

↑このページのトップへ

| 当組合のご案内個人情報保護方針関連リンクサイトマップ |

(c) Copyright 2005 京都府市町村職員共済組合 All Rights Reserved.